お金を借りる時のマナーについて

お金を借りるときのマナーで大切なことは、相手の信用を裏切らないことです。
もし自分にお金を貸して欲しいと言われても、相手が信用できないと貸すことはできないでしょう。
また、頼んでお金を借りることができたら、裏切ってはいけません。
お金を貸してくれたということは、相手は自分のことを信用している証になります。
そんな相手の信用を裏切り、お金を返すのが遅れたり返さなかったりしたら、全ての信用を一気に崩すことになります。
これまで積み重ねてきたこと信用が全てなくなるので、信じてお金を貸してくれた相手を裏切る行為は、絶対にやってはいけません。

相手の信用を裏切らないという大切なマナーは、銀行や消費者金融からお金を借りるときも同じです。
個人間のお金の貸し借りとは違い、ビジネスで融資をしているといっても、信頼関係を築くことは大切です。
銀行や消費者金融から信用できない相手と思われてしまったら、お金を借りることができなくなります。

たとえば、初めて申し込みをするときです。
申し込みをするときは審査に受かりたい一心で、職業や年収などを誤魔化してしまうかもしれません。
しかし、嘘の内容を記入して申し込みをしても、審査でバレてしまいます。
たとえ審査で問題なくお金を借りることができる人であっても、嘘を書いて申し込めば信用のできない相手と思われ、それだけが理由で落とされます。
ですから、銀行や消費者金融を利用するときも、信頼される顧客になるよう努めましょう。