サラ金の審査

サラ金の審査

大手サラ金の審査通過率は50%を下回っているほど、審査は厳しくなっています。しかし、銀行カードローンはさらに審査が厳しいため、審査に通るか不安という方はサラ金を利用することができるでしょう。では、なぜサラ金の審査通過率が低いのでしょうか?その理由として考えられることは、、一度審査に落ちた人が複数のサラ金へと申し込んでいることがあります。また、連続して複数のサラ金に申し込んでいる方は、「申し込みブラック」と呼ばれており、信用情報の評価を下げていることもあります。キャッシングやカードローンの申し込み情報は半年間消えすことができません。そのため、一度審査に落ちたなら、最低少なくても半年間を経過してからもう一度申し込みを行うようにしましょう。
最近の大手サラ金ではWebでの申し込みが可能となっています。そのため、初めての利用の方でも最短30分~1時間で審査結果を受けることができます。しかし、審査の時間を早めるために、インターネットで申し込みをした後、本人の最終意思確認の電話が必要なため、サラ金から電話がかかってきます。しかし、電話を待つのではなく、申し込み後に自分から電話をかけるなら待ち時間を短縮させることができ審査時間を早めることができます。ネットでの申し込みは、たいてい公式サイトから行うことができます。その際、氏名、住所、電話番号、収入情報、勤務情報、借入情報などを記入し審査を受けることができます。申し込み情報の評価をあげるために、基本のことですが正確な虚偽のない情報を記入するようにしましょう。